アミノ酸肥料グルソーユーキの特徴は何ですか?

アミノ酸肥料グルソーユーキの特徴は何ですか?

回答

アミノ酸の最大の特徴は粒子が小さく作物に直接吸収されるところです。
アミノ酸の分子量は75~174で水と一緒に吸収されます。
一般的な有機肥料は動物粕、植物粕が原料であることが多く、タンパク質が主な構成物質ですが、タンパク質の分子量は10,000以上で作物が直接吸収することは出来ません。
タンパク質は土壌中のバクテリアによってアミノ酸に分解されて初めて作物に吸収されます。そのためアミノ酸肥料には施肥後にすぐに肥効が現れるという特徴があります。
グルソーユーキにはグルタミン酸、アスパラギン酸、リジン等全17種類のアミノ酸が配合されています。アミノ酸は土壌バクテリアの餌にもなり、アミノ酸肥料1g中に8~10億個もの微生物を増殖させることが可能です。土壌中に有効微生物が増えることで、連作で増殖した糸状菌などの病害菌を抑制する効果もあります。

詳細pdfはこちら

関連記事

  1. トロピコートとノルチッソの違いは何ですか?

  2. Yaraの肥料を液肥として灌水チューブで流す場合、他の肥料と…

  3. Yaraの肥料を水に溶かして使用する場合、何倍に希釈したらよ…

  4. Yaraの硝酸カルシウムは、栄養成長ではなく生殖成長に役立つ…

  5. Yaraの化成肥料はなぜ機械撒きに適しているのですか?

  6. カルシウム過剰になる事はありませんか?