トロピコートとカルシニットの違いは何ですか?

トロピコートもカルシニットも含有成分は同じとなります。(水溶性カルシウム26.3%、窒素全量15.5%)
カルシニットが水に溶かして灌水、葉面散布、溶液栽培等液肥としての使用に適しているのに対して、トロピコートは機械散布出来る様に表面を植物油脂でコーティングしており、土耕・露地栽培に適しています。但しカルシニットの潮解性の良さを利用して葉物野菜の上にばら撒きで施肥する等、土耕、露地栽培でもお使い頂いているケースもございますので一概に液肥用、土耕用と区別されているわけではありません。
比較的雨が少なく、湿度の低いヨーロッパではカルシニット=液肥用、トロピコート=土耕用と区別されている側面がありますが、雨が多く多湿な日本では溶けやすい性質を利用してより潮解性のより高いカルシニットを露地でお使い頂いているケースも多くあります。
トロピコート、カルシニットはYara社の世界共通のペットネームですが、日本ではノルチッソ、スーパーノルチッソのペットネームで流通していることも多いです。
トロピコート=ノルチッソ、カルシニット=スーパーノルチッソとなります。

水に良く溶けるカルシウム≒作物にすぐに吸収されるカルシウム

水に良く溶けるカルシウム≒作物にすぐに吸収されるカルシウム

YaraLiva(硝酸カルシウム肥料)は細胞強化に効果的なカルシウム資材

YaraLiva™は、細胞強化に効果的なカルシウム資材

関連記事

  1. トロピコートのコーティングは何を使っていますか?

  2. Yaraの硝酸カルシウムは、栄養成長ではなく生殖成長に役立つ…

  3. Yaraの硝酸カルシウムを葉面散布したいのですが、何倍に希釈…

  4. Yaraの肥料を水に溶かして使用する場合、何倍に希釈したらよ…

  5. Yaraの硝酸カルシウムを土壌改良に使う事は出来ますか?

  6. Yaraの肥料を液肥として灌水チューブで流す場合、他の肥料と…