Yaraの化成肥料はなぜ機械撒きに適しているのですか?

Yaraの化成肥料はなぜ機械撒きに適しているのですか?

回答

Yaraの化成肥料はスラリー(泥水)状にした原料をスラリータワーと呼ばれる巨大なタンクで自然落下させて造粒する製法(スラリー製法)で製造されておりますので、肥料一粒一粒の中に全ての栄養成分が含まれております。またスラリータワーで自然落下される過程で造粒されるため近くから遠くまで均一に散布出来る粒径分布となっております。粒径分布がそのまま一粒一粒の比重の違いとなります。機械散布の場合、比重の違いと成分に偏りがないかが非常に重要なポイントとなります。その点でYaraの化成肥料は両者を兼ね備えており、機械撒きした場合に違いが出ます。
またYaraの硝酸カルシウム肥料の中でもトロピコートとニトラバーは機械撒き、ばら撒きし易い様に肥料の表面が植物油脂でコーティングされています。そのため機械撒きの場合でもスプレッダーのホッパーや羽根に付着せず均一に散布することが可能です。

Yaraの硝酸化成肥料、硝酸カルシウム肥料の製法

Yaraの化成肥料・硝酸カルシウム肥料はどの様に作られていますか?

正しい肥料の選択

正しい肥料の選択【動画】

Yaraの化成肥料とBB肥料の違い

Yaraの硝酸化成肥料とBB肥料の違い

肥料を科学する

肥料を科学する

関連記事

  1. トロピコートのコーティングは何を使っていますか?

  2. Yaraの肥料を水に溶かして使用する場合、何倍に希釈したらよ…

  3. Yaraの硝酸カルシウムを土壌改良に使う事は出来ますか?

  4. Yaraの肥料の肥効期間(撒いてから効果を維持する期間)を教…

  5. Yaraの化成肥料・硝酸カルシウム肥料はどの様に作られていま…

  6. トロピコートとカルシニットの違いは何ですか?