ファーマーズ・アカデミー

世界最大の肥料メーカーであるYARA社
YARA社は肥料メーカーであるだけでなく、アグロノミー(農業科学)の研究機関でもあります。

弊社は、Yara社からアグロノミー(農業科学)関するさまざまな知識・情報の提供を受けており、その知識・情報を、「ファーマーズ・アカデミー」会員の方々とシェアすることにしています。

YARAについて
ファーマーズ・アカデミー

ファーマーズ・アカデミーとは

アグロノミー(農業科学)の知識・情報を日本の農業者と共有することを目的としたコミュニティです(入会無料)。あわせて、

  • 農業生産に役立つ情報
  • 農業生活に役立つ情報
  • 農産物のマーケティングに関する情報
  • 消費者が農産物に何を求めているかの情報

などを、シェアしていきます。

ファーマーズ・アカデミーの主な活動

  • オンラインでの活動
    • メールマガジンやブログを通じたアグロノミー(農業科学)の情報発信
  • オフラインでの活動
    • アグロノミー(農業科学)の勉強会(ファーマー・ミーティング)
    • 生産者と生活者の交流支援

ファーマーズ・アカデミー

アグロノミー(農業科学)とは

アグロノミー(農業科学)は、食品、燃料、繊維、土地再生のために植物を生産し使用する科学技術です。
アグロノミー(農業科学)は、植物遺伝学、植物生理学、気象学、および土壌科学の分野の研究を包含するようになった。
それは、生物学、化学、経済学、生態学、地球科学、および遺伝学のような科学の組み合わせの応用である。
今日の農業経営者は、食糧の生産、より健康な食糧の創出、農業の環境への影響の管理、植物からのエネルギーの抽出など、多くの問題に関わっています。
農業専門家は、作物の回転、灌漑および排水、植物育種、植物生理、土壌分類、土壌肥沃度、雑草防除および害虫および害虫の防除などの分野を専門とすることが多い。

植物育種

この農業分野では、様々な条件下で最良の作物を生産するために植物を選択的に育種する必要があります。
植物育種は作物収量を増加させ、トウモロコシ、大豆および小麦を含む多数の作物の栄養価を改善した。
また、新しいタイプの植物の開発につながった。
例えば、ライ麦と小麦を交雑させて、ライコムギと呼ばれるハイブリッド穀物を生産した。
ライコムギまたは小麦よりも多くの有用タンパク質を含有する。
アグロノミー(農業科学)は、果物や野菜の生産研究においても重要な役割を果たしてきました。

バイオテクノロジー

アグロノミスト(農業科学者)は、バイオテクノロジーを利用して、所望の特性の発達を促進し、迅速化する。
バイオテクノロジーは、しばしば開発された新しい作物品種の現地試験を必要とする研究室活動である。
作物収量の増加に加えて、農業バイオテクノロジーは、食品以外の新規用途にますます応用されている。
例えば、現在、油糧種子は主としてマーガリンおよび他の食用油に使用されているが、洗剤、代用燃料および石油化学製品用の脂肪酸を製造するために改変することができる。

土壌科学

農業経営者は、土壌の生産性と収益性を持続可能な方法で研究しています。
土壌を分類し、それらを分析して、それらが植物の成長に不可欠な栄養素を含むかどうかを判断する。
分析される一般的な多量栄養素には、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、および硫黄の化合物が含まれる。
土壌は、亜鉛やホウ素などのいくつかの微量栄養素についても評価されます。
有機物、土壌pH、および栄養保持能力(カチオン交換容量)のパーセンテージは、地域の実験室で試験される。
アグロノミスト(農業科学者)はこれらの研究報告を解釈し、最適な植物の成長のために土壌の栄養のバランスをとるよう勧告する。

土壌保全

さらに、アグロノミスト(農業科学者)は、土壌を保全し、風や水による侵食の影響を減らす方法を開発している。
例えば、土壌浸食を防止し、雨量を節約するために、コンタープラウイングと呼ばれる技術を使用することができる。
アグロノミスト(農業科学者)の研究者は、他の問題を解決する上で土壌をより効果的に使用する方法も模索しています。
このような問題には、人間および動物の肥料の処理、水質汚染、および土壌中の農薬の蓄積が含まれる。
テクニックには、無耕作作物、急斜面の輪郭に沿った土壌結合草の植え付け、最大1メートルの深さの等高線排水が含まれます。

アグロエコロジー(農業生態学)

アグロエコロジー(農業生態学)は、生態学的および環境的観点を重視した農業システムの管理である。
この分野は、持続可能な農業、有機農業、代替食品システム、代替作付けシステムの開発分野と密接に関連しています。

理論的モデリング

理論的生産生態学は、作物の成長を定量的に研究しようとしている。
植物は光、二酸化炭素、水、栄養素を収穫可能な部分に加工する生物学的な工場の一種として扱われます。
考慮されている主なパラメータは、温度、日光、立っている作物のバイオマス、植物の生産分布、栄養と水の供給です。

今すぐファーマーズ・アカデミー メールマガジン「FARMERS 2.0」に入会する


<入会条件>

  • 農業に関わる仕事をしている方であればどなたでも入会できます。
  • 登録は無料です。

<入会すると>

  • 「先進的な生産者のための土づくりガイドブック」をプレゼントします。
  • 月に2~3度、農業科学(アグロノミー)に関するニュースレターをお送りします。

 

ファーマーズ・アカデミー メールマガジン「FARMERS 2.0」